文化のみちへようこそ | 名古屋城


[ここから本文]

名古屋城

基本データ
  • 【建築年代】慶長15年(1610)
  • 【指定】国指定文化財(隅櫓・門、障壁画、二之丸庭園)/登録文化財(乃木倉庫)
  • 【所在地】中区本丸1番1号
  • 【電話番号】052-231-1700
  • 【観覧料】大人500円 小人100円
  • 【開園時間】9:00〜16:30(閉門17:00)
  • 【駐車場】正門前駐車場(有料)/普通車319台/大型車28台、二之丸駐車場(有料)/普通車202台
  • 【休園日】12月29日〜31日、1月1日
  • 【ホームページ】
    http://www.nagoyajo.naka.nagoya.jp/
[解説]

【名古屋城】慶長15年(1610)、徳川家康公が9子義直公に封土として尾張の地を与えるとして、清洲城下をそっくり移す大規模な都市計画が行われ、加藤清正、福島正則など西国の大名20名に命じて築城させたのが名古屋城です。戦災により主要な建物は焼失し、天守閣は昭和34年(1959)に近代工法で再建され、内部に所蔵品が収蔵・展示されています。

【天守閣】慶長17年(1612)竣工。昭和20年(1945)に戦災焼失の後、昭和34年(1959)に再建されました。

【本丸御殿】「武」の象徴・天守閣に対し御殿は「文」の象徴でした。元和元年(1615)に竣工、寛永11年(1634)将軍家光公の上洛に際して上洛殿などを増築しました。内部には部屋毎に華麗な障壁画(襖絵・杉戸絵・天井板絵など)が描かれ、さながら“建物が丸ごと美術館”のようだったといわれていました。昭和20年(1945)に戦災焼失しましたが、詳細な実測図が残されています。

アクセス
  • 【正門】市バス「名古屋城正門前」すぐ 地下鉄「浅間町」より徒歩12分
  • 【東門】市バス「市役所」より徒歩5分 地下鉄「市役所」より徒歩5分

ページの先頭へ


隅櫓、門

[解説]

西南隅櫓、東南隅櫓、西北隅櫓の3つの隅櫓が現存しています。西南隅櫓は、未申櫓とも言われ、屋根ニ層・内部三階の櫓。外部に面した西・南両画には 軍事用の「落狭間おとしはざま(石落し)」を張り出して破風を付け装飾的に扱っています。平素は書庫として利用していましたが、家康公が高原院(藩祖義直夫人)の嫁入り行列をこの櫓で遠見した故事にならって代々の藩主も登ったと伝えられています。 この櫓は大正10年(1921)に、風雨により石垣と共に崩壊しましたが、大正12年(1923)、宮内省の手で修理復元され、鬼瓦などに菊花紋が見られます。

東南隅櫓は創建当時のものです。辰巳櫓とも言われ、その規模、構造は西南隅櫓と同じですが、「落狭間」の破風の形を異にしています。西北隅櫓は、清須櫓とも戊亥櫓とも言われ、御深井丸の西北隅にあり、広い水堀にのぞんだ三層白塗籠・入母屋造りです。解体修理時に古材を多く用いられていることは確認されましたが清洲城のものかどうかは判りませんでした。一階の外部に面した北面・西面に出張りが作られ、床を「落狭間」にしています。他の櫓と違って内側(東面・南面)に千鳥破風を設け、姿が荘重で安定感に富んでいます。

ページの先頭へ


障壁画

[解説]

名古屋城本丸御殿は、当初、藩主の居館として建築され、後に将軍上洛の際の御成御殿に改修されました。内部は、狩野派の絵師により描かれた障壁画に彩られ、欄間らんまかざり金具など、わが国の建築美術・美術工芸の粋を集めた建築物でした。本丸御殿は昭和20年(1945)に戦災で焼失しましたが、障壁画のうち多くは事前に取り外されたためこれを免れ、襖絵・杉戸絵等349面、天井板絵700面の計1,049面が現存しています。

狩野派は安土城、大阪城、伏見城、江戸城など各地の主要城郭の障壁画を手掛け、桃山文化の象徴ともいうべき絵画群を生み出しましたが、今日、御殿障壁画としてまとまった形で伝えられているのは、名古屋城の他は二条城ニの丸御殿のみとなっています。
名古屋城では、この本丸御殿障壁画を季節ごとに画題を選び、展示しています。

ページの先頭へ


二之丸庭園(名勝)

[解説]

二之丸庭園は、元和年間(1615〜23)、二之丸御殿の造営に伴って同御殿の北側に聖堂(金声玉振閣)を中心として設けらましたが、享保(1716〜36)以後たびたび改修され、枯山水回遊式庭園に改められました。築山や森のたたずまいが峻険しゅんけんで、谷は深く巨岩を畳み、山上には大樹を茂らせこの後方に桧などを密植させたりして、一朝有事に備えての要害とし、また藩主に避難場所として設計された城郭庭園でした。
明治以後は、陸軍省鎮台が置かれるなど当時の建物のすべてが失われ、庭園も様相を大きく変え荒廃していましたが、昭和28年(1953)3月31日に「名勝」の指定を受け、昭和41年(1966)、名古屋市の手により整備され翌年4月1日から一般公開されるようになりました。

現存する庭園は面積5,128u(1,554坪)で、旧庭園の一部であった北庭と旧陸軍将校集会所の前庭として旧庭園の材料で作られた南庭とに分かれています。
現存するものが少ない城郭庭園の代表的な名園として本庭園は貴重な一資料を提供しています。

ページの先頭へ


乃木倉庫

[解説]

乃木倉庫は、隅石積の小さな倉庫ですが、市内に現存する最古の煉瓦づくりと言われています。明治維新後、名古屋城は政府に接収され陸軍が配備されましたが、当時在任中だった乃木希典まれすけが建てたものと伝えられています。

[ここまで本文]

このページの先頭へ    トップページへ