文化のみちへようこそ | 徳川美術館


[ここから本文]

徳川美術館

基本データ
  • 【建築年代】昭和10年(1935):本館・南収蔵庫
  • 【指定】国登録有形文化財
  • 【所在地】徳川町1017
  • 【電話番号】052-935-6262
  • 【観覧料】蓬左文庫・徳川美術館共通 一般1,200円/高大生700円/小中生500円
  • 【開館時間】10:00〜17:00
  • 【閉館日】月曜日(祝日にあたる場合は、その翌日)年末年始
  • 【駐車場】徳川美術館南駐車場(無料)/乗用車17台、市営徳川園駐車場(有料)/乗用車80台(大型バス駐車可)
  • 【ホームページ】http://www.tokugawa-art-museum.jp/
[解説]

徳川美術館は、侯爵徳川義親公の寄贈にもとづき、御三家筆頭62万石の大大名、尾張徳川家に伝えられた数々の重宝、いわゆる「大名道具」をそっくりそのまま収め、展示・公開する他に例を見ない美術館として、昭和10年(1935)に開館しました。収蔵品は徳川家康公の遺品を中心に、初代義直公(家康九男)以下代々の遺愛品や、その家族が実際に使用した物ばかり一万数千件におよびます。世界的にも有名な「国宝 源氏物語絵巻」をはじめ国宝9件、重要文化財55件、重要美術品44件を含み、徳川美術館ならではの種類の豊富さ、質の高さ、そして保存状態の良さを誇っています。本館の意匠は帝冠様式となっています。

アクセス
  • 市バス・名鉄バス「徳川園新出来」より徒歩3分
その他写真
[ここまで本文]

このページの先頭へ    トップページへ