文化のみちへようこそ | 文化のみち橦木館


[ここから本文]

文化のみち橦木館 

基本データ
  • 【建築年代】大正15年(1926)
  • 【指定】名古屋市指定有形文化財/景観重要建造物/町並み保存地区の伝統的建造物
  • 【所在地】東区橦木町2-18
  • 【電話番号】052-939-2850
  • 【観覧料】大人200円 ※中学生以下は無料。その他各種減免があります。
  • 【休館日】月曜日(祝日の場合は直後の平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
  • 【ホームページ】
    http://www.shumokukan.city.nagoya.jp
[解説]

文化のみち橦木館は、陶磁器商として活躍した井元為三郎が、大正末期から昭和初期に建てた当時の様子をよく伝える邸宅です。大きく区画割りされた敷地に和館、洋館、東西二棟の蔵、茶室、庭園が残されています。 橦木館の洋館にはステンドグラスが贅沢に使われており、為三郎は輸出陶磁器の商談を行うため、多くのバイヤーを招待していたと言われています。

平成8年から14年にかけて5組の店子が入り、平成16年から文化のみちに関わる市民グループにより維持管理がなされ、一般公開や市民による様々な活動が行われてきました。そして、平成19年には名古屋市が取得し、 修理工事を終えて、平成21年7月から一般公開を行っています。

アクセス
  • 地下鉄「高岳」より徒歩10分
  • 市バス「東片端」より徒歩2分
  • 基幹バス「清水口」より徒歩5分
その他写真
[ここまで本文]

このページの先頭へ    トップページへ